ワイモバイルにiPhone 6sが登場しました。
(2017年10月6日より)
6はこの間まで販売されていた機種です。
これはうれしいですね。

iPhone 6s を購入の場合

4.7インチディスプレー、4Kビデオがとれる12Mpxカメラ、A9チップ、Apple Pay対応(iOS 10.1以降が必要)

iPhone 6s の購入にはいくらかかるかシミュレーションしてみました。

 

内蔵メモリーは32GBタイプと128GBタイプの2種が選択できます。

例えばドコモからの乗り換えの場合
スマホプランは3種
これには機種代金は含まれません。

プランS 2GB
(1GB)
10分以内の通話かけ放題 1,980円
(2年目は
2,980円)
プランM 6GB
(3GB)
10分以内の通話かけ放題 2,980円
(2年目は
3,980円)
プランL 14GB
(7GB)
10分以内の通話かけ放題 4,980円
(2年目は
5,980円)

( )内は13カ月目以降の料金

iPhone6sで各プランの料金を見てみると
機種代込みでこんな結果になりました。

プランS 月2GB
32GBタイプ 月4,082円
128GBタイプ 月4,622円

 

プランM 月6GB
32GB 4,622円
128GB 5,162円

 

プランL 月14GB
32GBタイプ 6,782円
128GBタイプ 7,322円

 

2GBなら月4,082円から使えることになります。
ワイモバイルは10分までの通話がかけ放題です。
キャリアに比べると約半額ですね。

SIMを購入の場合

手持ちのiPhone 6に格安SIMを入れて使いたい場合。
音声USIMカードはプランS、プランM、プランLの3種類あり、その料金は最初の表のとおりです。

なお、手持ちのiPhoneはSIMフリー手続きが必要です。ソフトバンクのiPhoneも同様です。機種別対応表で使用できるか必ず事前に確認してください。

どれだけお得かというと

ドコモのスマホだと、10GBシェアー割りで1台月8,500円前後かかります。もし、2GBで足りるなら、1台が月4,082円で済む計算です。

半分以下ですね!

ワイモバイルは、10分以内の通話は無料で何回でもかけ放題です。
@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料で使えます。

2017年6月からはテザリングが使えるようになりました。6月以前のiPhoneは、一応テザリングが可能となっていますが、動作は保証されていません。

でも、新規でiPhone 6sやSEを購入してテザリングが使えるのは便利ですね。

電波はソフトバンクの4G LTEなので全国をカバーしています。プラチナバンドもありますし、これは検討の余地ありじゃないでしょうか。

 

詳しくはこちらから。
料金も実際にシミュレートしてみてください。

⇒ Y!mobile