格安スマホに乗り換える方法には二通りあります。

 

格安スマホに買い替えてしまう
1 キャリアのスマホを解約します。
2 同じ電話番号を使いたいときは、解約にあわせてMNP予約番号を発行してもらいます。
3 お好きなMVNO会社のスマホと通話SIMを契約し、電話番号を引き継ぐときはMNP予約番号でセットしてもらいます。
4 アクセスポイントに接続してSIMカードを登録します。

 

格安SIMを購入してSIMカードを差し替える
1 キャリアのスマホを解約します。
2 同じ電話番号を使いたいときは、解約にあわせてMNP予約番号を発行してもらいます。
3 ドコモのスマホならドコモ系の、auのスマホならau系のMVNO会社の通話SIMカードを契約し、電話番号を引き継ぐときはMNP予約番号でセットしてもらいます。
4 解約したスマホにSIMカードを差します。
5 アクセスポイントに接続してSIMカードを登録します。

 

格安スマホを扱っている通信会社は格安SIMカードも扱っているので、スマホもSIMカード単体もどちらでも選択できます。

 

キャリアのスマホから格安スマホに買い替える理由は、月額料金が格安で済むからです。料金が大差ないなら、買い替える理由はありませんよね。

 

格安スマホに変えれば、ふつうは月額料金は安くなりますが、気を付けなければならないのは、通話料金は別途に30秒20円かかることです。

 

1時間通話すると2,400円かかります。
なので、通話が多い方は、格安スマホよりキャリアのカケホーダイが月額2,700円でお得です。

 

通話がほとんどない方は、二つの選択肢があります。

1 UQ mobileのスマホなら、5分以内の通話は何回でも無料です。Y!mobileのスマホなら、10分以内の通話なら月300回まで無料です。電話をかける機会がある方は、こちらをおすすめします。

2 月に1回ぐらいしか電話をかけないし、かけても2、3分という方は、上記以外の格安スマホをおすすめします。通話は30秒20円です。

 

⇒ UQモバイル

⇒ Y!mobile