格安スマホでも、iPhoneとiPad以外は、全てAndroid(アンドロイド)端末です。格安スマホとして販売しているアンドロイド端末はSIMフリー端末です。

端末は大きく分けてiPhoneとアンドロイドに分けられるのはご存知のとおりです。私がiPhoneで羨ましく思うのはiCloud(アイクラウド)が使えること。

iCloudは、独自のiCloudメールがあります。

これがあると、ドコモからワイモバイルなどにキャリアが変わっても、アドレスが変わらないのでいちいちメールアドレスを変更しなくて済みます。

そのうえiCloudメールの中で、Yahoo!メールやキャリアメールを一括して受信することができて便利なのです。

iCloudメールに代わるのが、アンドロイドではGmailといわれます。

 

アンドロイド=Googleなので、Gmailだと言われても仕方がないのですが、これがあまり使い勝手がよろしくありません。

はっきり言って使いにくいです。

フォルダー分けという概念がなく、すべてのメールをラベルで管理しています。そのうえ、銀行のサイト、クレジットカードのサイト、通販サイトなどでは、Gmailは携帯メールとして認識してくれません。

中には携帯メールは、ドコモ、au、Softbankの3社しか認識しないサイトもあります。

逆に、各サイトの管理者には、キャリアメール以外でも携帯メールとして認識するシステムに変更してもらいたいですね。

キャリアのスマホから格安スマホに変更を検討している方は、キャリアメールを登録してあるサイトを一覧に書き出し、Gmailなどに変更できるか、Gmailがきちんと来るかを確かめた方が良さそうです。

キャリアメールのように、プッシュ通知でメールの到着がリアルタイムで分かる設定もあるので、設定の方もお確かめください。