キャリアのうちauのスマホ料金を調べてみました。
(2019年10月16日現在)

auのサイトを見ていても料金が全然わかりにくいですよね。家族3人の場合の1人あたりとか、家族2人の場合の1人あたりとか、複数の割引で料金を安く見せるのは以前と同じです。

ここでは1人で契約する場合の最低料金を見てみました。

auの場合も月額料金は、通話料+データ量+機種代となります。サイト上では、まずデータ量のプランを選んでから通話プランを選ぶようになっていてわかりにくいです。

通話プラン

基本プラン:月額0円
30秒ごとに20円の通話料金がかかります。通話は使わないが万一のために通話できるようにしておくという方にはおすすめです。

定額ライトプラン:月額700円
5分以内の通話は何度でもかけ放題です。

定額プラン:月額1,700円
国内通話かけ放題です。

auフラットプラン20Nなどは、定額プランが最初からセットされていますから注意してください。

データプラン

新auピタットプランNの場合です。これがベースになるプランです。

7GBまで 月5,980円
4GBまで 月4,480円
1GBまで 月2,900円

※7GBを超えた場合の通信速度は送受信最大128kbpsに制限されます。

機種代金

Xperia 5(価格は非公開)
AQUOS zero2(価格は非公開)
HUAWEI P30 Light(価格は非公開)
Xperia 1 SOV40 104,399円(2019年夏モデル)
など各種

※予約機種は、オンラインショップでも価格は明示されていません。これでは予約するのが怖いですね。

分割払いの例示は48回払いが出ていますが、12回、24回、36回などが選べるのか不明です。
機種代を分割払いするときは、機種代を回数で割ればおおよその月払いの金額が出ます。

上記のXperia 1 SOV40の例を取れば、24回払いなら月4,350円と利息です。分かりやすいように月4,350円とすれば、月額料金のシミュレーションは次のようになります。

定額ライトプラン 月700円
月1GBプラン 月 2,900円
機種代 104,399円×1/24=4,350円
合計 7,950円

これでほぼ最低料金ですが、機種代を半額くらいのモノに変えれば、月額2,000円ほど安くなりそうです。

機種代を除けば月額3,600円というのはキャリアとしては安いですね。

プランによっては2年契約が選択でき、月額料金は若干安くなります。違約金は以前と違って1,000円なので2年契約の選択もありかもしれませんね。