格安スマホをどれにするかは、主に通話をどうするかで決めてはいかがでしょうか。

格安スマホや格安SIMの場合、通話は有料で、30秒ごとに20円かかります。10分の通話では400円になります。

通話が主体で1日に30分も1時間もかける方には、キャリアのカケホーダイが月2,700円で電話かけ放題ですから一番適しています。

格安スマホの場合は、そこまでは電話をかけないけれど、時々はかけるという方に適しています。

 

整理すると

・1回に10分以上の電話をよくかける方
ワイモバイルは、10分以内の電話が何回でもかけ放題です。10分以上の電話をよくかける方で、電話料が月2,700円以上になる方は、ドコモなどのキャリアのカケホーダイが月2,700円でお得です。

・電話はよくかけるが、5分か10分以内という方
ワイモバイルは10分以内、UQモバイルは5分以内の電話が何回でもかけ放題です。電話の使い方に合わせてどちらかを選択するとお得です。

・電話は非常時用で普段はかけないという方
格安スマホや格安SIMならどれでも対応できます。電話料金が30秒20円のところ30秒10円になるアプリを出しているMVNO事業者があります。無料のLINE電話でも実用的には十分使えます。

⇒ UQモバイル

⇒ Y!mobile

 

今までキャリアのスマホを使用していた方には、電話を使う機会があるかもしれないと考えて、保険のつもりでUQ モバイルかワイモバイルのスマホがいいんじゃないでしょうか。

UQ モバイルはKDDIの子会社なので、auの4G LTE回線を使用しています。機種によってはWiMAX2+の高速回線の使用ができます。

ワイモバイルはソフトバンクのブランドなので、ソフトバンクの4G、LTE、AXGP、ワイモバイルの4G、LTE、AXGPなどの回線が自動切り替えで使用できます。

いずれも準キャリアで通信の質が高くエリアも広いので、キャリアのスマホを使っていた方でも満足できるでしょう。

 

また、スマホ2台持ちの2台目とか、サブ機として使いたい方には月額使用料の安いMVNOがおすすめです。特にイオンモバイルは期間の縛りがないので、いつでも無料で解約できるのが魅力です。

⇒ イオンモバイル 格安スマホ

⇒ 楽天モバイル