格安スマホで、ドコモではなくauの回線を使いたい方にはUQモバイルがおすすめです。2017年上半期で、契約数が270万契約となっています。

もともとauのMVNO事業者はmineo(マイネオ)だけなので、KDDIの子会社であるUQモバイルは、auの順キャリアとも言え、au回線を使うには一番適しているんじゃないでしょうか。

ちなみに「au」は、KDDIの携帯電話の商標です。
以前はauという会社がありましたが、今ではありません。

auの回線は、4G LTE回線です。
全国の広いエリアをカバーしているので、どこでも使えます。また、UQの新機種ではWiMAX2+回線をデータ用として使えるものがあります。

UQモバイルの月額料金を見てみましょう。

通信料金はSプラン、Mプラン、Lプランの3つが基本です。

Sプラン 月2GB
(1GB)
通話月60分 1,980円
(2,980円)
Mプラン 月6GB
(3GB)
通話月120分 2,980円
(3,980円)
Lプラン 月14GB
(7GB)
通話月180分 4,980円
(5,980円)

通話は上記の月60分~180分無料のほか、5分までの通話がかけ放題も選べます。

端末代金は月々サポートで機種によっては、ほぼ無料になります。(iPhoneを除く)

料金は最初の13カ月間です。14カ月目以降は( )に記載の料金になります。また、データ量は26カ月目以降は( )に記載のデータ量になります。

携帯メールと認識するキャリアメールが月額200円で使えます。

通話が安くできるのは準キャリアならではです。5分を超える通話は、5分を超えると30秒ごとに20円かかります。

⇒ UQモバイル

 

次はmineo(マイネオ)の月額料金です。
通話料金は30秒ごとに20円かかります。

090音声通話あり 音声通話なし
500MB 1,310円 700円
1GB 1,410円 800円
3GB 1,510円 900円
5GB 2,190円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円

mineoは格安SIMが中心ですが、格安スマホも3機種取り扱っています。

⇒ 格安スマホmineo