格安スマホで、ドコモではなくauの回線を使いたい方にはUQモバイルがおすすめです。2017年上半期で、契約数が270万契約となっています。

もともとauのMVNO事業者はmineo(マイネオ)だけなので、KDDIの子会社であるUQモバイルは、auの準キャリアとも言え、au回線を使うには一番適しているんじゃないでしょうか。

ちなみに「au」は、KDDIの携帯電話の商標です。
以前はauという会社がありましたが、今ではありません。

auの回線は、4G LTE回線です。
全国の広いエリアをカバーしているので、どこでも使えます。また、UQの新機種ではWiMAX2+回線をデータ用として使えるものがあります。

UQモバイルの月額料金は、2019年10月1日から大きく変わりました。2年縛りがなくなるとともに、契約解除料が無料になりました。

通信料金はSプラン、Mプラン、Lプランの3つが基本です。

従来 2019/10/1以降
2年縛り あり なし
契約解除料 9,500円 0円
プランS 2GB 1,980円
無料通話あり
3GB 1,980円
無料通話なし
プランM 6GB 2,980円
無料通話あり
9GB 2,980円
無料通話なし
プランL 14GB 3,980円
無料通話あり
14GB 3,980円
無料通話なし

通話料金が基本プランには含まれません。
かけ放題はオプションになりました。

変更内容は、従来あった5分以内の無料通話がなくなりました。通話は30秒20円となります。その代わりに通話オプションが別に用意されました。

各プランに共通です。
どちらでも選択できます。
月700円で10分までの通話何回でもかけ放題
月500円で月60分までの通話が無料

なお、余ったデータの翌月繰り越しは従来のまま可能です。

携帯メールと認識するキャリアメールが月額200円で使えます。

全体にかけ放題を入れると通話料が高くなりましたが、機種代を入れても月3,000円台から5,000円以下におさまるのは、格安スマホならではです。

詳しいことはこちらから。

⇒ 格安スマホならUQ mobile