今まで使っていたキャリアのスマホを解約して格安SIMを入れたい方、必見です。

格安SIMには3種類あります。

・ドコモの回線を借りている事業者のSIM
・auの回線を借りている事業者のSIM
・ソフトバンクの回線を借りている事業者のSIM

それぞれ見ていきましょう。

ドコモの回線を借りている事業者のSIM

イオンモバイル、楽天モバイル、BIGLOBEなど多くの事業者はドコモのMVNOです。

ドコモのスマホにドコモ系のSIMを入れる場合は、一般的にSIMロック解除なしで、差し替えるだけで使えます。

SIMフリーのiPhoneは使用できます。

auやソフトバンクのスマホは、そのままでは使えません。SIMロック解除すると使える場合がありますが、auのスマホは周波数帯の違いから使えない場合があります。

各事業者の公式サイトに動作確認済み端末の一覧があるので、契約前に必ず確認してください。

⇒ イオンモバイル動作確認端末
⇒ 楽天モバイル動作確認端末
⇒ BIGLOBEモバイル動作確認端末
⇒ mineo動作確認端末

auの回線を借りている(使用している)事業者

UQモバイルとmineo(マイネオ)

ここは押さえておくところですが、auのスマホは、auの回線にSIMロックされていますが、UQモバイルのスマホはSIMフリーです。

UQモバイルやmineoのSIMは、ドコモ、ソフトバンク、auのスマホで使う場合はSIMロック解除すれば使える場合があります。

iPhoneはSIMフリーなら使える場合がありますが、SIMロックされたiPhoneはSIMロック解除しても使えない場合があります。

UQモバイルのSIMで使用できる端末一覧はこちらからご覧ください。
⇒ UQモバイル動作確認端末

mineoのSIMが使える端末はこちらでご覧ください。
⇒ mineo動作確認端末

ソフトバンクの回線を借りている(使用している)事業者

ワイモバイルとb-mobile

ソフトバンクのスマホは、SIMロックされています。ワイモバイルのスマホは、ワイモバイルにSIMロックされています。SIMフリーではありません。

ワイモバイルのSIMを使う場合は、SIMロックの解除は必須です。それでも動作が確認された機種は少ないです。

⇒ ワイモバイルSIM動作確認端末

 

ソフトバンクのMVNOはb-mobileだけです。
b-mobileのSIMは、ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除なしで使用できます。動作確認されているのはiPhoneだけです。

⇒ b-mobile 動作確認端末

格安SIMを他社製スマホに使う場合のご注意

成功する確率が高いのは次の場合です

・ドコモのスマホに、ドコモ系MVNOのSIMを入れる場合
・ソフトバンクのiPhoneに、b-mobileのSIMを入れる場合

これ以外の場合は、動作しないケースが多いです。
各MVNOの動作確認端末に含まれているか必ず確認してください。

ドコモ、au、ソフトバンクの周波数帯は同じではありません。3G LTEの通信方式はauだけがCDMA2000という方式で、ドコモとソフトバンクが採用したW-CDMA方式と互換性がありません。

このため、SIMロックを解除したとしても、格安SIMが完全に動作する保証はありません。

また、「SIMロック解除スマホ=SIMフリースマホ」と言えないケースがあるかもしれません。そのキャリア専用にカスタマイズされた部分がある可能性があります。

その他、キャリア独自のサービスが、MVNOのSIMではできないことがあります。

試してみる場合は、しばり期間(最低使用期間)が短いSIMや、縛り期間のないイオンモバイルのSIMで試すのもいい方法です。

このような点を十分に考慮して検討してください。

 

⇒ イオンモバイル 格安スマホ
icon