SMS

 

ワイモバイルなら無料でキャリアメール(○○○@yahoo.ne.jp)がもらえますし、UQモバイルでは月200円の有料でキャリアメール(○○○@uqmobile.jp)がもらえます。

キャリアメールとは元々次の3種類のようなメールを言い、パソコンからは送受信できず、携帯電話(スマホ)からのみ送受信できるメールシステムのことを言います。

@docomo.ne.jp(ドコモ)
@ezweb.ne.jp(au)
@softbank.ne.jp(ソフトバンク)

これに次が加わるわけです。

○○○@yahoo.ne.jp(ワイモバイル)
○○○@uqmobile.jp(UQモバイル)

キャリアメールは必要か

ほんの2、3年前までなら、会員登録などの際にキャリアメールは必須でした。特に銀行系のアカウント登録にはドコモ、au、ソフトバンクのキャリアメールがないと登録すらできなかったものです。

ところが、格安SIMなどが普及するにつれて、キャリアメールを持たない方が急増し、今ではキャリアメールでなければ登録できないような会員登録はありません。

となると、キャリアメールはなくても困らないということになります。

SMSの重要性

それに代わって、今ひんぱんに使用されるのがSMS(ショートメールサービス)です。

ログインしようとすると、SMSに確認コードやセキュリティーコードなどと呼ばれる数字が届き、それを入れるとログインできるような2段階認証システムが使われています。

ここで、ワイモバイルとUQモバイルのキャリアメールは、自動的にSMSに割り当てられるようになっています。契約時にそうなります。つまり、ドコモメールなどとは使い方が違うということです。

SMSは電話番号でよい

ドコモなどでSMSを使うときは、電話番号にアドレスが設定されています。電話番号でSMSが届きます。

ワイモバイルはキャリアメールがもらえるからいいとして、UQモバイルの場合はSMSが使えないかというと、電話番号に設定することでちゃんとSMSが使えます。

整理すると

キャリアメールがなくても会員登録などには困りません。Gmailなどのフリーメールやicloudメールで十分です。

キャリアメールよりも今重要なのは、2段階認証で使われるSMS(ショートメールサービス)です。SMSが使えないと困ることがあります。

ワイモバイルやUQモバイルのキャリアメールは、ドコモなどのキャリアメールと違いSMS(ショートメールサービス)に使われます。

UQモバイルは、キャリアメールを契約しなくても電話番号に設定すればSMSが使えます。(なお、ドコモ、au、ソフトバンクのSMSも電話番号を使用しています。)

2段階認証のために、SMSが急に脚光を浴びています。これからはSMSは必須です。