iPhoneはすごいなーと思ったこと。

キャリアごとの対応バンドを見てみると

ドコモのバンド
LTE 1/3/19/21/28/42
3G 1/6/19

バンド1(2.1GHz)は必須
バンド3(1.7GHz)は東名阪
バンド19(800MHz)は必須

auのバンド
LTE 1/11/18/26/28/41/42
3G 1/6/8/19

バンド1(2.1GHz)はバンド18と合わせて実人口カバー率99%
バンド18(800MHz)も同上
バンド18の代わりにバンド26(800MHz)でも良い
これらは必須

ソフトバンクのバンド
LTE 1/3/8/11/28/41/42

バンド1(2.1GHz)
バンド3(1.7GHz)旧ワイモバイルの主力
バンド8(800MHz)
これらは必須

iPhoneの対応バンド

これに対してiPhoneはこうなっています。

iPhone 6s 対応バンド
LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/27/28/29/(30)/38/39/40/41/

iPhone 7 対応バンド
LTE 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19/20/21/25/26/27/28/29/30/38/39/40/41/

これ、すごくないですか。
さらにすごいところは、キャリアで購入したiPhoneのSIMロックを解除すると、SIMフリーのiPhoneと同じになるところです。

世界中のキャリアで使えるようになっているのでしょうね。

iPhone 6sやiPhone 7であれば、SIMロック解除することで、UQモバイルやワイモバイルなど、どの格安SIMでも使用することができます。

これなら手持ちのキャリアのiPhone 6sなどを格安SIMに入れ替えて不自由なく使うことができますね。

iPhone 6sとiPhone 7の違い

細かなことは別として、概要は次のようになります。

iPhone 6s iPhone 7
防水機能 なし あり
画面の大きさ 4.7インチ 4.7インチ
チップ A9 A10
カメラ光学
手ぶれ補正
なし あり
Felica なし あり

サイズは全く同じですが、中身はかなり違います。どちらを選ぶかと言われれば、現行機種でもあるiPhone 7をおすすめします。

UQやワイモバイルなら、機種代込みで月4,000円ちょっとから契約できます。キャリアの約2分の一ですね。