格安スマホのメリットは、料金が安いことに尽きます。

ドコモやauなどのキャリアの料金明細を見た方は、何が書いてあるのか全然分からないと思います。訳の分からない割引とか、特に分からないのが、家族みんなでシェアできるやつです。

で、結局一人いくらなの?
って思いませんか。

あのイライラが解消できてしかも安いのが、格安スマホです。1ヵ月1,980円とか、分かりやすいですよね。

ワイモバイルの料金表を見てみましょう。
通信料金プランは、プランS、プランM、プランLの3つが基本です。

プランS 月2GB
(1GB)
10分以内の通話は何度でも無料 1,980円
(2,980円)
プランM 月6GB
(3GB)
10分以内の通話は何度でも無料 2,980円
(3,980円)
プランL 月14GB
(7GB)
10分以内の通話は何度でも無料 4,980円
(5,980円)

とても分かりやすいですね。
余計な「なんとか割り」などない方が、すっきりして良いと思います。そして、安いです。

 

格安スマホサイトで月額料金を調べるときは、スマホの機種代金が含まれているか注意しましょう。

Android oneやiPhone 6sなどは、月額料金のほかに機種代が月額2,000円ほどかかります。

ワイモバイルなら、上記の通信料金のほかにスマホ代金がプラスされます。iPhone 6sなら2,000円ほどプラスです。

安いものは、実質0円のものもありますから、機種代金込みで月額いくらになるかで比較しましょう。

比較方法は、各サイトのシミュレーションで見るか、申し込み画面の中で料金が確認できます。料金を見たら申し込みしなければいいだけです。

スマホの機種代金は、一括で支払うこともできるし、24カ月などの分割で支払うこともできます。

 

UQモバイル(au系)
機種代金0円、通話料月1,980円から

Y!mobile(ソフトバンク系)
機種代金は別途だが
機種代金込みで音声通話が月額1,980円から

楽天モバイル(ドコモ系)
機種代金は別途だが
機種代金込みで月2,711円から

イオンモバイル(ドコモ系)
機種代金は別途 月450円から(24回払い)
音声通話代金は月1,130円から
通話契約は縛りなし。いつでも解約可能。

BIGLOBE(ドコモ系)
端末代金は別途 月870円前後から(24回払い)
音声通話は月1,400円から

NifMo(ドコモ系)
機種代金は別途 1,112円から
音声通話は月1,400円から

 

こうやって見ると、いろいろありますね。最新の格安スマホは、CPUに最速のオクタコアが使われています。

平均的なもので機種代は25,000円前後、高機能なもので5万円~6万円、最安値なら12,000円ぐらいであります。

 

格安スマホは確かに安いですね。これが最大のメリットです。格安スマホの中でも高めのワイモバイルやUQモバイルでも、キャリアの半額ぐらいです。

⇒ Y!mobile

⇒ UQモバイル

 

格安スマホが登場した当時は、電話料が30秒20円もして高かったのですが、ワイモバイルは10分以内の電話が追加料金なしでかけ放題だし、UQモバイルは5分以内の電話がかけ放題です。

BIGLOBEやNiftyでは、30秒10円になる電話アプリが用意されています。

このように電話料金も改善されてきました。

あと、キャリアメールもワイモバイルとUQモバイルで使えます。ワイモバイルは@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でもらえます。UQモバイルでは、月額200円で@uqmobile.jpというキャリアメールが使えます。

 

ここまでくると、格安スマホでも全然いいと思い始めました。ブランドさえこだわらなければ、選択する価値はとても高いと思います。